初めまして♪ブログを始めます(^▽^*)

 初めまして!裕香と申します♪ホームページも、ブログも初心者なので、まだまだ、おかしなところばかりなブログやページですけど、精一杯描いて行こうと思いますので、これから皆様よろしくお願いいたします♪

 さて、このブログで何を書くか、ここでは性同一性障害で今まで生きてきて経験した事。これから性同一性障害に向き合う方。その近くにいらっしゃる方。LGBTの事について書いて行ったり、時にはお料理の記事も稀に混ぜながら、書いていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします♪

 まず今回第一回目のブログでは、私の軽い自己紹介をさせていただきます♪

 私は、ユウリと申します。こう見えても、まだまだ20歳の若すぎる者です(笑 今も昔も変わらず、かなり臆病な性格、だけど強がりで、正義感は強い矛盾した性格を持ってるのが私です笑 趣味はアクセサリー眺めたりする事や、料理とかも好きですね♪さて軽い自己紹介はこの辺で終わって、

 私も、性同一性障害と診断されて早1年、実は私が性同一性障害を持って生まれてしまった理由がちゃんとあります(^^;)私は、199○年熊本県のとある山側のところで生まれました。しかし、私が性同一性障害を後に気づいてしまうのには生まれる前の原因がありました(あくまで私がね♪!

 私はこの世に生まれる前。女の子でした((そりゃみんなそうでしょ。

お腹にいるときも、生まれる2週間前まで、ちゃんとあれはついていなかったらしく。うちの父や母も用品はすべて、女の子の物をすべて買いそろえて、名前も決まっていました。そんなこんなで、準備万端で、さあ後は生まれてきて!!というところまできていたのです。病院の先生も、母も父も、まさかあんな短期間で男の子に変わってしまうなんて、このときは誰もそんな事思っていませんでしたでしょう。しかし、その間に父の浮気が発覚し、母体である母は相当なショックを受けてストレスも相当かかったと思います。原因の一因となったのは、おそらくこの事も当てはまっていたでしょう。胎児は男性ホルモンのシャワーを浴びて、女の子から、男の子になるらしいですけど、私の場合、ホルモン異常によって、正常に男性ホルモンが浴びさられる事ができず、身体はなんとかぎりぎり男の子になって生まれてはきたそうですが。。。まあ心は案の定女の子だった。という事です。私の身体も、もちろん、無理矢理変わったんだっていうのが分かるような後も残っていますしね笑

 そんなこんなで、生まれて、親が最初に私が男の子じゃないかもっと思ったのは、幼稚園あたりだったみたいで、私も、普通の男の子が好むような、サッカーや、お外でわいわいより、おままごとや、お絵描きばかりしていたそうです笑 小学校にあがり、小さい時からの女子の幼なじみや、友達(女子)と遊んでいたら、周りの男子から、「お前らつきあってんの〜?」や「ラブラブ〜」とからかわれたりして、怒って、そんなんじゃない!!っと言っていたと、幼なじみから聞きました。あのときは、私は自分が男だとも思っていませんでしたし、普通に遊んでるだけなのにああいうことを言われたから、頭にきてたんでしょうね。学年があがっていくと、男女がくっきり分かれ始めてきて、 制服も分かれ始め、自分は男の制服を着ていて、そのときに、なんで、うちは、男用のを着なきゃいけないんだろう。。うちって男だったの。。と感じ悩み始めた時期でした。水泳も、ほっとんど見学ばかりしていて、よく先生から「でなさい」と怒られていたのを覚えていますね。それくらい嫌でした。笑

 中学に上がって、、1年は頑張りましたが、組体操で、男子は洋服を脱げ、それがまた嫌で、あと、周りの人が怖くなった事もあって、中学生生活は、ほぼ、不登校でした。その時ちょうど、反抗期にも入っていて、よく親と喧嘩をしました。そして、ある喧嘩のときに「お前は気持ち悪い」といわれ、「ならどうしてうちを生んだんだ!」といって、家を飛び出してしまいました。(夜に喧嘩して、朝に帰ってきました。)今思い返したら、中学校生活は、いい思い出は全くなかったですね。(・△・`*)

 そして高校に上がるときはすごく苦労しましたけど、必死に勉強をして、なんとか、私の住んでいるところではNo.5に頭がいいのに入る学校の分校にはいる事ができました。まあでも相変わらず、違和感は消えないまま、それでも、高校はちゃんと勉強しなきゃと思い、髪の毛も我慢をして、服装検査ぎりぎりまで切らず、切ってもギリギリ通るくらいまでしか切らず、そういうのを繰り返していましたね。しかし、中学校の頃とは違い、比較的、周りの子たちもすぐに慣れてくれて。半分カミングアウト、半分隠す感じでいたおかげかな?そのおかげで、比較的小中に比べたら、苦痛とかつらい事はもちろん沢山ありましたけど、楽だったと思います。先生たちも、私を可愛がってくれたりしてましたし、最初は組体操も、プールもなかったので!そこが一番よかったんです!けーーど!2年生になって、教頭先生が変わってから、地獄の組体操が導入されました。そして、謎のラグビーも。。そのとき、嫌な瞬間はやってきました。男子は洋服を脱げ。と。高校2年生の頃は情緒不安定になりましたねー。しかも、強制参加。拒否権無し。最後まで抵抗しましたが、かなわず、、大勢がみてる中、上は裸。あれが人生の中でもトップ15位以内に入るほどつらい事でしたね。(−_−。)でも、嫌な事ばかりではなかったですよ〜、修学旅行も、楽しかったですし、3年間放送委員を引っ張り、2年生からは、委員長に抜擢され、同時に、放送の事を知っている先生が異動になってしまい、放送の事を知るのは私しかいない!という不思議な状況になり体育祭ではほとんど放送を担当していましたね。。放送委員会、人が少なかったので・・・笑 組体操の時先生からの定番で、先生誰もできる人がいないから、放送を担当してよっといわれ、そのおかげで、苦痛から回避はできました(’▽`;)

 そんなこんなで、学校生活だけでもなかなか波瀾万丈な生活を送ってきました、まだまだ、ここに書いたのは起きた事の数%しか書けていません(^▽^*)

 これから、あった事をまた次の機会で細かく書いたり要望等ございましたら、改名の手続きについても書いていきますね♪

 では、これからどうぞよろしくお願いいたします(・▽・*)/




ユウリのOne House

☆この度は数あるサイトの中からのご訪問ありがとうございます☆  このサイトは、オリジナルイラストと自分のてんかんの情報を発信しているサイトです。(*´꒳`*)

0コメント

  • 1000 / 1000